FAQ / HAWAII

Q. ハワイでのタブーは?

A. 日本と違うお酒のルールに気を付けて!

意外と知られていないのがお酒についての法律。 せっかくハワイに来たのだから、トロピカルカクテルなどを楽しみたいですよね。 違法だと知らずにタブーを犯してしまう前にハワイでのお酒のルールを知っておきましょう。
まず、ハワイ州ではお酒が飲めるのは21歳から! 飲食店などでアルコールを注文する際に身分証の提示を求められることがありますので、免許書やパスポートなど顔写真入りの身分証を携帯するようにしましょう。
また販売時間にも制限があります。 スーパーマーケットやコンビニなどでアルコールを販売して良いのは、午前6時~深夜0時まで。 お酒を買って帰ってホテルの部屋で楽しみたい場合は、お酒を販売している時間にも気をつけましょう。
そして、法から身を守るためにも知っておくべきなのは、飲酒して良い場所。 アメリカ合衆国では、ビーチや公園、路上など公共の場での飲酒は厳禁です。 海を眺めながらお酒を飲みたい時は、ホテルのビーチバーを利用しましょう。
また、飲酒と同様に禁煙についても厳しく法律が定められています。 レストランやバー、ショッピングセンター、ホテルのロビーや通路など、公共の場所では禁煙のところがほとんどです。
違反者には最大50ドルの罰金が科せられますので、ご注意ください。
日本とは違うルールを守って、楽しい旅行にしましょう。

Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt