モーリシャスってどんなとこ?

世界中のセレブリティがお忍びで訪れ今、人気が上昇している モーリシャス『神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った』トム・ソーヤの冒険で有名なアメリカ人作家マーク・トゥエインが残した言葉。珊瑚礁に縁取られた美しいインド洋、壮大な渓谷が美しい山々に、大自然で育つ動物達とのふれあい。日本から10,000km離れたアフリカ大陸にほど近いモーリシャスは天国のモデルと聞いて頷けるほどトロピカルな楽園リゾートです。

タイってどこにあるの?

モ ーリシャスは、南半球インド洋に浮かぶ島国。アフリカ、マダガスカルの東のあたりにあり、島の大きさは 2,040km² で東京都とほぼ同じサイズ。

mauritius_constanceleprincemaurice_wedding57

モーリシャスってどうやっていくの?

行き方は複数ありますが、日本からはドバイ乗り継ぎのエミレーツ航空利用が主流。日本からドバイまで約11 時間、ドバイからモーリシャスまで約6 時間のフライト。
成田空港、羽田空港、関西空港からアクセス可能で、毎日運航しています。

ドバイのほか、シンガポールや上海を経由する方法もあります。
日本から少々時間がかかるけど、その分モーリシャスでしか味わえない自然、観光、何よりラグジュアリーなリゾート滞在が過ごせます。帰りに経由地に立ち寄って1 ~ 2 泊したらお土産のお買い物もできますよ。

モーリシャス基本情報

時差
日本から-5時間
通貨
モーリシャスルピー/1ルピー=3.5 円(2018 年1 月現在)
ビザ
3 か月以内の観光なら不要(2018 年1 月現在)
パスポート
残存有効期限は滞在予定日数プラス6 か月以上が必要

モーリシャスはフランス領からイギリス領になった後独立したため現地のクレオール語含めて3 か国語が使われています。日本人には考えられないトリリンガル!

旅行シーズン
一般的には12 ~ 2 月がベストシーズンだが、年間を通じて旅行ができます。夏のリゾート気分を楽し
みたいなら日本の冬が良く、避暑地的感覚なら料金の安い夏もいいです。

モーリシャスはいつ行くのが良いの?

気候
11 ~ 4 月が夏期で5 ~ 10 月が冬期。
年間平均気温は20 ~ 29 度でほぼ常夏だが、冬季の朝晩は少しひんやりす
るので、長袖が必要。季節風の影響で、6 ~ 9 月は東部で風が強くなります。12・1・2 月はサイクロンの発生率が多いため、まとまった雨が降りやすくなり、
降水量は多い。冬季は、雨量は少ないものの、スコール程度の雨が降る回
数は多いです。

モーリシャスの旅行の特徴ってなに??

国や地域を問わずハネムーンや記念日に渡航する人が多い場所。そのためハネムーン割引などでお得に渡航できます。セレブリティが集まる国でもあるためホテルのレベルは高いけど、意外と旅行代金はリーズナブル。5つ星ホテルで施設もサービスもラグジュアリーな体験ができます。しかも朝・夕食付や、3 食が全て付くオールインクルーシブプランのホテルもアルボあるので現地に行ってからの費用お得!モーターを使わないウォーターアクティビティも一般的には無料だから遊ぶにも費用がかからない?!
ホテルでのんびりと過ごしつつ、日帰り観光ツアーに参加したり、ウォータースポーツやゴルフを楽しんで。美しい海と自然溢れる山があり、大自然で生きる動物とも触れ合える、さまざまな楽園アクティビティを楽しむことができ
るモーリシャスは魅力的なディスティネーションです。

モーリシャス観光・ 見どころガイドマップ

~EARTH COLORS担当者が実際に行って楽しかった場所 6 スポットご紹介~

Seven Colored Earths of Chamarel

自然の不思議な現象が起こっている『七色の大地』島の南西に位置するシャマレルでみられる丘は、火山性鉱物の鉄とアルミニウムの酸化反応から陽が当たるとともに土の色が変化します。自然が織りなす神秘的な輝きを放った美しい丘はモーリシャスに来たら訪れたい場所。

Ayutthaya Historical Park

バンコクから少し足を延ばして、アユタヤへ日帰りツアーがおススメ。遺跡群にはフォトスポットがたくさんありますが、外せないのは「ワット・マハタート」。ビルマ軍侵攻の歴史の跡が垣間見れます。世界的にも珍しい遺跡は要チェックです。

Phuket

カゼラネイチャーパーク

タイ南部のプーケット。アンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地とです。エメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」と称され、一年中ビーチリゾートやマリンスポーツをお楽しみいただけます。

La Rhumerie de Chamarel

シャマレルの山々に囲まれた標高300mの谷に立つラム酒工場。ここで作られるのは、サトウキビを絞った汁そのものを使った貴重なラム酒『アグリカルチャー・ラム』世界中で作られるラム酒の5%にも満たない貴重なラム酒を作る工程が見学できます。併設するレストランでモーリシャスの

Elephant Trekking

タイといえばゾウ。タイでは本格的な像乗りが色々なところで体験できます。パーク内を簡単に周るものから、大自然の中を歩くものまで、様々なスタイルでお楽しみいただけます。

Thai Food

皆さんご存知の「トムヤムクン」をはじめ「グリーンカレー」など、甘いもの、辛いもの、そして酸っぱいもの、たくさん種類があります。屋台フードから高級レストランまで、リーズナブルに色々体験できるのも魅力です。ドリアンも是非ご賞味いただきたいものの1つです!

~タイのお勧めウェディングをご紹介~

The Village Coconut Island Beach Resort

ザ ヴィレッジ ココナッツ アイランド ビーチ リゾート


プーケットの東海岸にある小さな島KOH MAPHRAOに位置する高級リゾートでプライベートウェディング

The NAKA Phuket

ザ ナカ プーケット


カマラビーチの5ツ星リゾートで絶景オーシャンビューウェディング

TRISARA

トリサラ


プライベートビーチを目の前に、雄大な景色に包まれて愛を誓う極上サンセットウェディング

Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt